大谷翔平はスラムダンクファン!? 大谷選手が選ぶキャラ・神宗一郎とは?

スポーツ

大谷翔平はスラムダンクファン!? 大谷選手が選ぶキャラ・神宗一郎とは?

メジャーリーグで大活躍中のエンゼルス・大谷翔平選手。

投打の二刀流でデビューしたメジャー1年目は新人王を獲得しました。

今期は手術もありましたが、来期は投手と打者の「二刀流」でのさらなる活躍を期待したいところです。

そんな大谷選手、実は 読書家とのこと。

トレーニング間の息抜きとして、いろいろな本を読んでいるようです。

どんな本を読んでいるか気になります。

通しで繰り返し読むこともあれば、大事だと思ったところを改めて読むこともあります。稲盛和夫さんの『生き方』とか、日本ハムのルーキー時代の研修で栗山監督から渡された渋沢栄一さんの『論語と算盤』とか。電子書籍では読まないです。活字が頭に入ってこないので

エンゼルス大谷翔平、「謙虚過ぎる」25歳

稲盛和夫渋沢栄一
大経営者の方の本を読んでいるんですね。

また、マンガも良くよむということで、 オススメはバスケットボールマンガ「スラムダンク」とのこと。

「スラムダンク」はバスケットボールマンガの金字塔です。

スポーツ選手として、種目は違えど、共感できるところが多いのでしょうか?

大谷選手は、自分に近いスラムダンクのキャラクターとして「神宗一郎」を挙げています。

大谷翔平が好きなマンガ「スラムダンク」とは

スラムダンク

画像引用:https://sekirintaro.com

「スラムダンク」は週間少年ジャンプで連載されていた、高校バスケのマンガです。

恋愛目的バスケットを始めた不良少年の桜木花道が、次第にバスケットボールのおもしろさに気づき、さまざまな出会いや試合を経て成長していく物語です。

連載当時からとても人気があり、アニメ化もされました。

「スラムダンク」を読んでバスケットボールを始めた人も多いと思います。

何十回と読みました。新装版も買ってあります。

エンゼルス大谷翔平、「謙虚過ぎる」25歳

大谷選手は、「スラムダンク」を何十回と読んだとのこと。
スポーツ選手の心理として、共感するところがあるのかもしれませんね。

スラムダンクには、さまざまな個性的なキャラクターがでてきます。

「スラムダンク」好きの間では、どのキャラが好きというのはよく話題になることです。

大谷選手は、自分に近いキャラクターとして「神宗一郎」選手を上げました。

神宗一郎とはどういったキャラクターなのでしょうか?

大谷選手が共感するキャラ・神宗一郎とは

神宗一郎

画像引用:https://kawlu.com

神宗一郎は「スラムダンク」で練習の鬼として描かれています。

神宗一郎は、主人公・桜木が県大会の決勝トーナメントで対戦したチーム・海南大付属高校の選手です。

身体能力には恵まれていませんが、得点源となるスリーポイントシュートを抜群の精度で決めることができる優れたシューターです。

海南大付属高校は県内NO.1強豪チーム、そこでスタメンを勝ち取ることは難しいです。

神宗一郎は入部したてころ、身体能力が他の選手より劣る凡庸な選手とされ、監督からもメンバーにはなれないとみなされます。

しかし、神は毎日500本のシュート練習を続けて、シューターとして頭角を現し、見事、強豪海南大付属高校でのスタメンの座を獲得します。

大谷選手は、神宗一郎の練習の鬼であることに共感するとコメントしています。

そういう意味だと、神宗一郎じゃないですかね。練習の鬼の。すごく共感します

エンゼルス大谷翔平、「謙虚過ぎる」25歳

反復練習は本当に大事。練習って面白いんですよ。練習を通じて自分の長所や能力を『発見』することもそう。そういう『気づき』を得る瞬間があるのが練習の面白さ、醍醐味ですね

エンゼルス大谷翔平、「謙虚過ぎる」25歳

大谷選手は二刀流で才能の塊だと思いますが、一方で反復練習の大切さに触れているのがおもしろいです。

大谷選手の好きなキャラは仙道彰

仙道彰

画像引用:https://kawlu.com

また、大谷選手はスラムダンクで好きなキャラクターとして 「仙道彰」をあげています。

好きなキャラクターは仙道彰。僕とは全然違うタイプなところがいいんです。すごく好きですね

エンゼルス大谷翔平、「謙虚過ぎる」25歳

仙道は、「スラムダンク」主人公・桜木が所属する湘北高のライバル校のエースです。
スラムダンクでは天才肌のプレイヤーとして描かれています。

類まれなバスケット選手で、ポイントガードからフォワードと様々なポジションをこなすことができる選手です。

一見、仙道のバスケットにおける器用さは、大谷選手の野球のセンスのも通じるところがあると思いますが、大谷選手は、全然違うタイプとコメントしていますね。

まとめ

今回は、大谷選手が好きなマンガ「スラムダンク」と大谷選手が好きなキャラクターについて調べてみました。

大谷選手は共感するスラムダンクのキャラとして、「練習の鬼」として描かれている神宗一郎をあげていました。

大谷選手の活躍の背景には、その才能に加えて、日々の努力、反復練習の積み重ねがあるということでしょうか。

今季に右手手術を受けた大谷選手、来期はまた投・打での「二刀流」での活躍でメジャーリーグを盛り上げてくれるでしょう。