【歴史的快挙】「パラサイト 半地下の家族」がアカデミー賞 世間の反応は??

映画

【歴史的快挙】「パラサイト 半地下の家族」がアカデミー賞 世間の反応は??

ポン・ジュノ監督による映画「パラサイト 半地下の家族」が、 アカデミー賞・作品賞、監督賞、脚本賞、そして国際長編映画賞の4冠に輝きました

アジア映画として初のアカデミー賞・作品賞の受賞になります。

まさに歴史的な快挙達成です。

「パラサイト 半地下の家族」は2020年1月10日から日本でも公開中です。

まだ見ていない方は、ぜひ映画観でポン・ジュノ監督による独特の世界観、極上のエンターテイメントを楽しみましょう。

「パラサイト 半地下の家族」がアカデミー賞4冠達成

以下の動画は作品賞が発表されたときの様子です。

ポン・ジュノ監督と俳優の主役を演じたソン・ガンホが抱き合っているのが印象的です。

壇上でスピーチをしたのはプロデューサーのクァク・シネさん。
女性の方なんですね。

「言葉になりません。想像もしていなかったことが現実になりました。本当にうれしいです」と述べています。

こちらは、ポン・ジュノ監督とプロデューサーのクァク・シネさんのインタビューです。

作品賞の本命は「1917 命をかけた伝令」だった

多くの専門家は「1917 命をかけた伝令」がアカデミー賞・作品賞に輝くのではないかとみていました。

「パラサイト 半地下の家族」が受賞につながった理由としては、投票が混戦になったこと作品賞の選考方法などが考えられます。

他の部門は評価員による単純な多数決で決まりますが、作品賞は順位は順位投票を行い、1つの作品が過半数を得るまで再計算を繰り返します。

カンヌとアカデミー賞のW 受賞は、64年ぶり

「パラサイト 半地下の家族」 カンヌ国際映画際では最高賞のパルムドームに輝いています。

カンヌ国際映画際のパルムドームとアカデミー賞の W受賞はなんと64年ぶりの快挙となります。

興行成績も好調

「パラサイト 半地下の家族」のすごいところは、深い格差というシリアスなテーマを扱いながらも、 エンターテイメントとしても純粋なおもしろさを提供できているところです。

それが、好調な動員実績にもつながっているように思います。

韓国では、動員数が1,000万人を突破。

あまり外国映画を見ないといわれるアメリカでも、当初は3館でも上映から1,000館を超えています。

日本でも1月の公開から100万人を超える動員を達成しています。

アカデミー賞の受賞でこの勢いはますます加速しそうですね。

格差を描いている

「パラサイト 半地下の家族」が作品賞に輝いた理由の1つは、この映画のテーマがアメリカでも、そしておそらく他の国でも共有されるものであるからだと思います。

「パラサイト 半地下の家族」では 富裕層vs貧困層という対立構図の中で映画は進んでいきます。

パラサイト(寄生)というタイトルは、地上の金持ちの家族に地下に住む貧困の家族が寄生するさまを表しています。

アカデミー賞のアメリカを含め、格差の問題は世界が直面する問題だという現状がこの映画の評価につながったのではないかと思います。

「パラサイト 半地下の家族」は韓国の社会を描いた映画だけど、どの国の人にも理解されるテーマになりうるテーマを持った映画だろうと。

世間の反応

Twitter上には、「パラサイト 半地下の家族」のオスカー受賞に関するコメントが多くあがっています。

関連

関連

まとめ

アカデミー賞の受賞を受けて、2月にはポン・ジュノ監督と主演のソン・ガンホが来日するようです。

日本のファンにとっては、また楽しみが一つ増えましたね。