冨永愛はハーフ!?息子は??離婚の原因は??

エンタメ

冨永愛はハーフ!?韓国人??息子は??離婚の原因は??

世界のファッション界で活躍する日本を代表するスーパーモデル・冨永愛さん。

かっこよくてオシャレで女性でファンの方も多いです。
最近はバラエティ番組などにも出演しています。

1メートル79の長身と股下92センチ、足がすばらしく長いです。

なんと9頭身とのこと。

そんな容姿をあってか、冨永愛さんはハーフだと思っている方も多いようです。

目次

冨永愛はハーフ!?

冨永愛さんははハーフではありません。

日本人離れした容姿からハーフと思うかもしれませんが、 日本生まれの純・日本人です。

生まれは神奈川県相模原市になります。

冨永さんについて、こんなツイートも。

確かに日本人離れした容姿ですね。

冨永愛のプロフィール

1982年8月1日生まれ。17歳でNYコレクションにデビューし、一躍話題となる。
以後約10年間に渡り、世界の第一線でトップモデルとして活躍。
その後、拠点を東京に移し、モデルの他、テレビ、ラジオ、イベントのパーソナリティなど様々な分野にも精力的に挑戦。
日本人として唯一無二のキャリアを持つスーパーモデルとして、チャリティ・社会貢献活動や日本の伝統文化を国内外に伝える活動など、その活躍の場を広げている。

tominagaai.net

プロフィール

  • 名前:冨永 愛(とみなが あい)
  • 生年月日:1982年8月1日
  • 年齢:37歳(2019年12月現在)
  • 出身:神奈川県相模原市
  • 趣味:着物集め
  • 身長:179 cm
  • スリーサイズ:81 – 61 – 88 cm
  • カップサイズ:A
  • 血液型:B型

顔立ちや目元の感じからか、在日韓国人と思われている人もいるかもしれませんが、 冨永さんは在日韓国人でもありません。
本人も以下のようにツイートしています。

もちろん、ニューハーフでもありません!!

出産されていて、息子さんがいます。

冨永愛の息子はハーフ??

冨永愛さんには息子さんがいます。

息子さんは2005年3月生まれですので、現在、14歳(2019年12月現在)になります。

息子さんは、パリ生まれで、息子さんはハーフと思われかもしれません。

しかし、 息子さんも純粋な日本人になります。

冨永愛さんのもと旦那さんは、

パリ在留の日本人パティシエ

でした。

かつては冨永愛さん、息子さん、旦那さんの3人でパリに住まれていました。

息子のために休業

冨永愛さんは2014年に、それまでのテレビへの出演をなくし、休業をしました。

当時は「テレビから消えた」といわれ、さまざまな憶測が流れましたが、この休業は 実は息子さんのための母親としの時間を確保するためだったことが明らかになります。

8歳になった最愛の息子から「お母さんは、僕が必要としてるときにいなかったじゃない」と投げかけられたという。
さらに、追い打ちをかける様に過労で入院することになった冨永は、さらに息子との距離が遠くなったと明かした。

息子との距離を縮めるため、この1年間は芸能界の仕事をセーブしてきたという冨永は空手大会の応援などにも積極的に参加。
息子との繋がりを次第に取り戻していったと話し、今後については「今、やっと自分を見つめられたので、これからがスタート」と決意を新たにしている。

mdpr.jp

冨永さんは、その後復帰するまで約3年間仕事を休みます。

冨永愛の離婚の原因とは?

冨永愛さんは、2004年にパリ在留の日本人パティシエの方と結婚します。

翌年2005年3月に男児を出産しましたが、2009年には離婚しています。

2009年4月20日に自身のブログで離婚の経緯について報告がありました。

「夫婦として歩んでいく中で、お互いのすれ違いや、進むべき道を見据えた上で、別々の道を歩んでいった方がお互いにとっていいだろうと判断しました」

離婚の原因はわかりませんが、旦那さんが冨永さんに土下座を強要したことがあったようです。

あるパーティでバニーガールの恰好をした冨永さんに旦那だんが怒って、その場で人目もはばらず土下座を強要したとのことです。

それが直接離婚の原因かどうかはわかりませんが、

良い関係の夫婦だとしてらこういったエピソードは聞こえてこないと思います。

まとめ

今回は 「冨永愛はハーフ!?息子は??離婚の原因は??」ということについてまとめました。

冨永愛さんはハーフではありませんし、息子さんも日本人の旦那さんとの間に生まれた日本人です。

2009年に冨永愛さんは離婚していますが、それ以後も多く方との熱愛に関するうわさがあります。

冨永愛さんの恋愛については以下の記事でまとめています。

関連

画像引用:tominagaai.net